木万屋 トップページへ

極めて難易度の高い品質を
当たり前のこととして安定供給させていただいております。

複写ズレなし

折山のテントが低い

緻密なPCS値の
コントロール

寸法精度は
0.01ミリの単位

日本中の会社が必ず使用している、法人税の確定申告書がOCR帳票に改定される際、当社が試作開発を担当させていただきました。最近では個別の情報を1枚ずつプリントしてから、5枚を重ねて複写帳票を作成するものもありますが、当時はノーカーボン紙と上質ないしOCR用紙を先に5枚重ねたものを製造、重ねたままインパクトプリンタで個別の情報を印字していました。枠の中にズレずに印字できるか、複写ズレが発生しないか、などをコンセプトに研究開発を繰り返し、世の中に貢献できました。そのほかの帳票精度に適合する品質管理は、もちろん基準を満たしています。

連続帳票
40有余年連続でご注文いただく連続帳票

CLOSE