木万屋照会のロゴ

企業情報

経営理念

会社は社員を守り、社員は会社を守る。

ゆえに、会社は社員の生活の安定と成長を、支援し続ける。
ゆえに、社員は自らを磨き、顧客満足を通して、会社を存続させる。

ご挨拶

私どもの会社は、長年ビジネスフォームを主力商品として、お客様と共に歩んでまいりました。
お客様に喜んでいただくこと、お客様が使いやすい商品であることを第一に考え、製品作りに邁進してまいりました。
デジタル化が進む中、これからどのようにしてお客様のニーズに貢献していけるか、私どもの強みであるフォーム印刷の特徴を活かし何ができるのか。 多くの可能性を見い出し、新たなサービスをご提供できるよう、社員一丸となって精励する所存です。
お客様に感動と喜びをお届けするために、私たちの挑戦はこれからも続きます。 代表取締役社長
朝日 健之

すべては、
お客さまのお役に立つために。

それは、当社の生い立ちにあります。
当社は、もともと十條製紙(現日本製紙㈱)と共に開発に携わった創業者高木利之がノーカーボン紙の卸売会社としてスタートしました。
当時最新の製品であったノーカーボン紙は、印刷会社がうまく取り扱えないため複写位置も合わせられず、糊付けもうまくいかない状況でした。
そこで、エンドユーザーであるお客さまがお困りにならないよう、また業界のレベルアップにも繋げられるよう『では、私自らが正しい品質で印刷物を作ればいいじゃないか』と 印刷も事業とする会社になりました。

きまんや?

明治20年に木屋(日本橋にある寛政4年創業の刃物の老舗)に勤めていた万助が、自分の名前の一字を入れて「木万屋」という屋号でのれん分け・独立したと伝え聞いています。
なお、独立した際の業種は日本国における象牙の総輸入元として内神田にて創業。
戦後、休眠状態となっていた屋号を高木利之が譲り受けました。
以来、当社の社名として今日に至っています。
変わった名前なので、「一度覚えると忘れませんね」とよく言われます。
ありがたい社名です。

紙の画像

社章の意味

社章の画像

理念の基となっております近江商人の「三方よし」を三角形でイメージし、それぞれの角には「感謝」「学び」「笑い」の3つの意味を、 握りこぶしにはギュッと握った時の「力強さ」と、柔らかく握った時の包み込む「優しさ」を表現しています。

商号
株式会社木万屋商会 (キマンヤショウカイ)
代表取締役社長
朝日 健之
所在地
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-3-4 日本橋本町ビル4F
TEL.03-3272-8000(代)/ FAX.03-3272-8151
資本金
1億円
会社設立
昭和48年8月
事業内容
フォーム印刷
紙卸販売
デジマーケサービス(新規事業)
従業員数
38名(男31名/女7名) 平成30年7月現在
決算期
5月
生産拠点
市川工場(千葉県市川市)
加盟団体
東京中小企業家同友会 公益社団法人 日本橋法人会
市川商工会議所
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)
一般社団法人 日本印刷産業連合会
日本フォーム印刷工業連合会
東京紙商組合
お取引先
日本製紙株式会社/国際紙パルプ商事株式会社 新生紙パルプ商事株式会社/エム・ビー・エス株式会社
三菱製紙販売株式会社/株式会社ミヤコシ
南精機株式会社/株式会社セイワ/株式会社T&K TOKA
帝国インキ製造株式会社/株式会社大創/
株式会社ハセベ/篠田商事株式会社
お得意先
株式会社みずほ銀行/みずほ情報総研株式会社 みずほ信託銀行株式会社/ユーシーカード株式会社
警視庁職員信用組合/東京消防信用組合
農林中央金庫/白十字株式会社
白十字販売株式会社/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
松本徽章工業株式会社/東レ・ウルトラスエード・マーケティング株式会社
官公庁/各区役所
取引銀行
みずほ銀行
商工組合中央金庫
日本政策金融公庫

敬称略 順不同

ISO9001 品質方針

経営理念
会社は社員を守り、社員は会社を守る。
ゆえに、会社は社員の生活の安定と成長を、支援し続ける。
ゆえに、社員は自らを磨き、顧客満足を通して、会社を存続させる。
品質方針
  1. 全ての社員は、お客様の要望を100%満たし、更にお客様の期待を超える努力をする。
  2. 全ての社員は、その叡智を結集し、迅速な対応と効率化を追求し、優れたコストパフォーマンスをもって業務を推進する。
  3. 全ての社員は、常に業務内容を見直し、安全かつ信頼される製品づくりとサービスに努める。

ISO14001 環境方針

環境理念
株式会社木万屋商会は、日本の文化「もったいない」の精神に沿い、「4つのR」と「節約・代替・廃止」を意識し、 環境保全や安全で健康な職場環境に配慮した活動を通して、お客様と社会から喜ばれる地球にやさしい会社を目指します。 (発生抑制「Reduce」、再使用「Reuse」、再生利用「Recycle」、修繕「Repair」)
環境方針
  1. 当社は、環境へのリスク及び機会の継続的なパフォーマンス改善に取り組み、環境マネジメントシステムを運用・維持させる。
  2. 当社は、ライフサイクルの視点に立ち、廃棄物の削減・分別を推進し、環境保全及び汚染の予防に努める。
  3. 当社は、環境に関連する法規制及びGP認定基準等、条例及び当社が同意した利害関係者の要求事項を遵守する。

環境宣言

環境宣言
私たちは、今、地球環境を保全し、豊かで美しい自然環境を次世代へ継承することが、人類共通の課題であり、私たちの使命であると考えています。
地球環境と企業活動の調和を実現するために、商品の開発、製造、物流、に至るライフサイクル全体でお客様、地域社会、お取引先様と協力し合いながら、地球環境対策において会社をあげて取り組みます。
私たちは、地球温暖化の防止は地球上における最大かつ喫緊の課題であると認識し、低炭素社会の実現に向けて、 適用される法規制の遵守と共に汚染の予防に取り組み、温暖化の主因である二酸化炭素の排出削減の為、地球環境への負荷低減をベースとしたモノづくりを積極的に推進します。
私たちは、当社エコプロジェクトを通じ、全社員への環境教育に努めるとともに、社員一人ひとりが企業市民としての社会的責任を自覚し、地球環境、地域社会との共生に取り組みます。私たちは、誠実かつ透明性の観点から、こうした取り組みについて正確・確実・迅速に情報を公開していきます。
循環型(リサイクル)社会形成の為に木万屋商会は中小零細企業ですが出来ることからやります。
節電、電気使用量の見える化、ヤレの量数値管理、廃棄物排出量数値目標化に加え、定期的見直しにより継続的な改善に努めます。これらの環境対策が、ひいてはコスト削減につながっている。
そのことも自覚しよう。この環境宣言は社外へも公開しています。

平成22年6月1日(制 定)

平成23年6月1日(改定1版)

平成24年5月16日(改定2版)

株式会社 木万屋商会

代表取締役 朝日 健之

ISO27001 情報セキュリティに関する方針

株式会社木万屋商会は、お客様はもとより、当社のサービスに関わる全ての人々の満足を得ることを目標とし、信頼・安心される会社を目指します。

行動指針

  1. 情報資産の機密性、完全性、可用性を確実に保護するために組織的、技術的に適切な対策を講じ、変化する情報技術や新たな脅威に対応します。
  2. 全社員に情報セキュリティ教育の実施と方針の周知徹底をはかり、意識の高揚・維持に務めます。
  3. マネジメントシステム及び、情報セキュリティに関する目的を設定し、定期的にレビューし、継続的に改善を実施し、維持します。
  4. マネジメントシステムを実行・維持・改善して行くために管理責任者に責任と権限を委譲します。

平成30年7月20日

株式会社 木万屋商会

代表取締役 朝日 健之

木万屋商会の歩み

昭和8年
東京市神田区鎌倉町11番地に移転。象牙の輸出入及び国内販売開始
昭和19年
戦災にて焼失
昭和21年
営業再開
昭和44年
ノーカーボンペーパー卸売開設。印刷部門を新設
昭和45年
印刷工場新設
昭和48年
法人組織に改める
昭和51年
木場工場新設
昭和58年
東陽工場新設
平成7年
本社を現在地に移転
平成14年
会社設立30周年
30周年記念式典(2月)
平成15年
工場を千葉県市川市へ移設
市川工場竣工式(10月)
ミヤコシVAR4色機導入
平成19年
市川工場増設
セイワ12Pマルチフィニッシャー導入
平成20年
ミヤコシMVF18SD9色印刷機導入
平成22年
CTP コダック社製 MAGNUS 400Ⅲ導入
平成23年
プライバシーマーク認定取得
平成24年
グリーンプリンティング認定取得
平成25年
新規事業部「企画開発室」新設
平成26年
デジマーケサービスを開始
平成26年
ISO9001認証取得
平成27年
印刷産業環境優良工場表彰
日本印刷産業連合会 会長賞受賞
平成28年
ISO14001認証取得
平成31年
ISO27001認証取得

プリプレス

編集機
Mic iPRO-7
Adobe InDesign、Photoshop、Illustrator
(他、各種DTPソフト使用)
出力機
日本HP DESIGNJET T790
ゼロックス DPC5000d
大日本スクリーン イメージセッター FT-R5055
現像・殖版機
大日本スクリーン平型殖版機 PC-701-Gウルトラキューブ
PS版自動現像機 富士フイルムPS900NS
PS版自動現像機 富士フイルムPS940V2
CTP コダック社製 MAGNUS 400Ⅲ

現像・殖版機

校正機
デジタル検版機 CorrectEye CHARLIE
大日本スクリーン検版ソフト

印刷・製本

オフセットフォーム
輪転印刷機

ミヤコシMVF18SD 9色印刷機

ミヤコシMVF18SD 9色印刷機

ミヤコシMVF 12色3Pマルチ

ミヤコシMVF18SD 9色印刷機

お客様満足を心から追求し続けた結果、行き着いたのは、3枚一括で合計12色を同時に加工印刷できるビジネスフォーム輪転印刷機でした。 是非一度、市川工場まで見学においで下さい。

ミヤコシMVF 7色機
ミヤコシMVF 6色機
ミヤコシVAR 4色

ナンバー印刷機
コンピュータ制御 NEXT2000
製本機器

セイワ 12Pマルチフィニッシャー

ミヤコシMVF18SD 9色印刷機
ミヤコシロールコレーター
南ロータリー丁合機
南万能丁合機
南バースター
自動断裁機
此花 背貼機
穿孔機
帯掛け機
自動折り・ミシン加工機
無線綴じ機
その他各種印刷機器

株式会社木万屋商会 本社

住所
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-3-4
日本橋本町ビル4F
TEL
03-3272-8000
FAX
03-3272-8151
アクセス
○銀座線・半蔵門線「三越前駅」JR連絡通路内出口1より 徒歩1分
○JR線「神田駅」南口より 徒歩8分
○JR線「新日本橋駅」出口3より 徒歩1分
○日比谷線「小伝馬町駅」出口3より 徒歩6分

株式会社木万屋商会 市川工場

住所
〒272-0014
千葉県市川市田尻3-3-7
TEL
047-376-5001
FAX
047-376-6030
アクセス
○東西線「原木中山駅」
○総武線「下総中山駅」
○京葉高速道路「市川インター」
CLOSE